13GANG SKOOTER

Blogの引っ越しをしました。
新しいブログのURLは、http://13gs-studio.jugem.jp/です。
宜しくお願いします。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 仮面ライダーと長濱治さんの写真集とスポーツスター | main | VIBESマガジン8月号掲載頁正しくは92頁 >>
# 美女とスーパースター。そして、Supermotard
前回は仮面ライダーになりたかったおいらの話でしたが、
(大人になったら宇宙エースになってしまった)
今回は去年の話です。

九月の終わりのお台場のイベント、
「東南アジアフェスティバル MAXASIA Tokyo」
に行った話。

目的は、
タイ米のタイ料理を食べて、スーパーモトバトルを見て、
もし見れたらカラバオのライブを見る、
と云うものです。
目的地に着くと、もうバトルをしていました。
スーパーモタード
スーパーモタード
スーパーモタード
スーパーモタード
スーパーモタード
カメラを持って行かなかったので、6−3の電話で写真を撮って貰いました。
(おいらの電話より性能が良く、6−3のが写真が巧い)
飛んだり跳ねたりは一度見た事があるのですが、飛んで跳ねての生レースは初めてでした。
何しろ凄かった。


途中休憩があってその間にタイ料理を食べて、
久々のタイ米タイ料理はとても美味く、ばくばく食べて写真を撮るのはすっかり忘れ、
次はエクストリーム・スタンドライドです。
エクストリームバイクスタント
エクストリームバイクスタント
エクストリームバイクスタント
少し薄暗くなってきたので、画面が荒い。
最後にスタントの方が観客と手をタッチして回ってくれたのですが、
是又凄かった。
あれだけバイクを操れる人は体中に気がびっちり充満しているのだろうか、
よくは分からないのだけれど岩の様、
とっても重いタッチでしたよ。
電話で撮って貰った画面の荒さが悔しい位こちらも凄かったので、HPを探しました


其の後又スーパーモトバトルがあったのですが、もっと暗くなってきたので写真がぼける。
でも載せます。
スーパーモトバトルスーパーモトバトル
スーパーモトバトル
スーパーモトバトル
スーパーモトバトル
スーパーモトバトル
二人で「すげーすげー」云って居る間にレースは終わりました。


其処からカラバオのライブの時間までは時間があいて、
6−3とふたりで始まるまで会場の端で待っていました。
皆カラバオのライブを見に来たのでしょうね、タイの人が其処彼処にいます。
さてカラバオとは?

結成30年を超える、タイの国民的超人気スーパースター大御所ロックバンド。

「タイ米食べたいね、モタードのレース見れるね、
タイのスーパースターロックバンド、見れたらいいね!」
と、二人の意見が合致して、当初の目的になったのです。

辺りが暗くなるにつれタイ人がどんどん周りに増えてきて、
「皆カラバオ見に来たんだねー」
なんて話して居ると、

綺麗な、非常に美しい別嬪さんが目の前を通り過ぎ、
(言葉の並びが「頭痛が痛い」と同レベルだ・・・)

又同じ別嬪さんが通り過ぎ、
流石に二回も目にすると話題に上がり、

「凄い綺麗な娘居たよね」
「レース遣ったから何処かのモデル事務所の娘なのか思ったけど、着こなしが日本人と違うね」
「日本人じゃないね、でも凄い綺麗な娘だよね」

そして三回目。
カメラを手にして周りの建物等を撮って居る様。
「やっぱり日本人じゃ無いね。」
「建物が面白いんだね、写真撮ってるね」
(そりゃ写真ぐらい撮るさ・・・)

そして四回目。
四回目?

カメラを手にした別嬪さん、おいら達の方へ来て、
「写真を撮ってくれ」
と、英語で云って居る様。

お台場の風景と一緒の写真を撮って欲しいのだなと思い、「良いよ」と云うと、

「違う」
「一緒に写真を撮ってくれ」

と、傍に居た、これまた別嬪なご婦人にカメラを渡しました。



何でおいら達と写真が撮りたいのだ?

よくはわからないのですが、
やっぱりわからない。
革ジャン着てたから? 
革ジャンが珍しいのかなー

・・・等と思いながら写真を撮り終わった直後、
示し合わせた訳でも無く二人同時に、

「Where from?」
「Thailand」

「やはり外人だったね」と二人で納得して居ると、

※以下英語
「彼方達はライダーか?」
「バイクには乗っているが、今日レースに出たライダーでは無い」
「二人共ハーレーダビッドソンが好きで乗って居る」
「今日は私の(彼女の)バイクで二人で来た」
「彼の(私の)バイクは60年以上前のハーレーダビッドソンで、
彼が(自分で)レストアしたのだ」
「今日は、カラバオを見に来た」
「カラバオ?」
「カラバオは私のお父さん」

ええーーーっ!?

「カラバオは私のhusband(夫)」

えええーーーっ!?

なんだってぇーーー???

お父さんもバイクに乗って居ると、娘さんは云って居たと思う。

びっくりしながら、折角だから記念に綺麗な娘さんと一緒に写真に写りたいと思い、
写真を一緒に良いか?と尋ねると、

「良いよ、こっちへ来て」

あれ?おかしいよ?

ステージ裏に連れて行かれ、どうぞと云われたのはカラバオ本人。

えええええー?!!!
本気すかーーーーー?!!!

おいら達は娘さんと奥さんと写真が撮りたかっただけなのに、
娘さんの勘違い、
スーパースターのお父さんと写真を撮らせて貰ってしまった。
カラバオ
でも写真は暈けている。
娘さんと奥さんはもういない。

少し狐につままれた気分になりながらライブを見、
家に帰りましたとさ。

去年の九月終わりの、不思議な話。
(by(宇)Ace)













13GANG SKOOTER/ONLINE STORE
13GANG SKOOTER
| comments(0) | - | 04:34 | category: Biker's Event |
# スポンサーサイト
| - | - | 04:34 | category: - |
コメント
コメントする









Mobile
qrcode
Expressway toll
Gas price

gogo.gs
Weather Forecast
Search this site
Sponsored Links
© 2009-2016 13GANG SKOOTER
  • 当サイト掲載及び掲載外の
  • 13GANG SKOOTER作製イラスト
  • 並びに文字フォント・写真・文章
  • 画像・実製作物の著作権は、
  • 全て13GANG SKOOTER
  • 帰属しております。
  • それら全ての無断使用・
  • 複製・複写・転載等を、
  • 禁じます。